アナルを切望する女 智絵(仮名)その8

智絵(仮名)さんのアナルへの挿入準備。

ローションをたっぷりとアナルに注入し、
指で解しながらの会話。

「初めて性的な感覚を知ったのは、何時ごろなの?」

「・・小5です・・」

「へぇ、どんなきっかけ?」

「おトイレに行きたくて・・」

「うん、それで?」

「おトイレが使用中だったから・・我慢して・・」

「我慢して?」

「はい、押さえて・・我慢して・・ぴょんぴょん飛んだんです・・」

「それから?」

「そうしたら・・飛ぶたびに・・押さえたところが・・」

「それが初めての性的快感?」

「はい・・それてから暫くし・・オナニー・・初めて・・しました」

「ふーん」

「でも・・違うんです」

「ん?」

「大人になってから思い出したんです・・」

「何?」

「あの時・・あの時押さえてたのは・・お尻だった・・って」

c015.jpg

智絵(仮名)さんのアナルは、彼女自身も認めるように素敵な感度をもっています。

緩過ぎず、きつ過ぎずペニスを受け入れ、
奥行きも十分で、エレクトしたペニスを根元まで飲みこみます。

直腸の奥まで達したペニスが、膣と子宮を裏側から刺激し、
いつもと違う感覚に、智絵(仮名)さんが喘ぎます。

智絵(仮名)さんの潜在的な願望。
満たされるための開示。

多忙につき・・・

現在、公私共に多忙につき更新が滞っていますことをお詫びいたします。

先日、ご新規さんとお遭いさせていただきました。
ご両名さまとも、当ブログ繋がりです。

お一方は45歳既婚。
子宮摘出後の性生活にお悩みの女性です。
結論から申しますと、潮噴くまで感じていただきました。
詳細は、近日中にエントリーさせていただきます。

もうお一方は、女装娘さん。
当ブログにエントリーするか否か、検討中です。

智絵(仮名)さんにつきましては、2~3日中にエントリーいたします。

ご迷惑をおかけいたしておりますが、宜しくお願いいたします。

アナルを切望する女 智絵(仮名)その7

智絵(仮名)さんについて過去のお話をエントリーさせていただいていますが、今回は先日久しぶりに逢ったときのアナルセックスについてのエントリーです。

待ち合わせたのは某私鉄駅傍の喫茶店。
相変わらず小柄な彼女。
その小柄さで更に強調されている豊満なバスト。

暫くぶりに逢った彼女は、少し髪を短くしていました。

喫茶店で水出しのアイスコーヒーを飲みながら、彼女とお話です。

「あれから、どう?してるの?貴女の好きなの」

「えっ?」

「貴女の好きなアナル、彼氏に開発してもらってる?」

「い・いいえ・・・」

「どうして?」

「だって・・」

「彼氏には言ってないんだ、貴女の好きな場所」

「はい、言えません・・」

「どうしてかな?」

「だって・・彼・・そういうの好きじゃないって思うし・・」

「どうして?そんなの言ってみなきゃ分からないんじゃない」

「でも・・」

「彼氏に嫌われるって思ってるんだ」

「そうじゃなくって・・下手って言うか・・彼、あんまり・・」

「ふーん、そうなんだ。じゃあどうしてたの、私と逢っていない間」

「自分で・・して・・ました」

「何を?」

結構混雑している喫茶店での会話です。
けっして小声ではなく、普通の声量で。
お隣の席のカップルには、十分聞こえている筈。

「自分で・・オナニー・・してました」

「どこを?」

「あそこ・・を・・」

「どこ?オメコ?」

「そこもだけど・・お尻も・・」

「ふーん、お尻弄ってたんだ。お尻でオナニーしてたんだね」

「は・・い・・」

「それは?何て言うの?」

「アナル・・オナニー・・」

「違うでしょ、この前どう言うか教えてあげたでしょ」

「はい・・尻穴・・尻穴オナニーです」

お隣の席のカップルは、もう会話してません。
彼女はお隣の席のカップルに聞かれている事を認識しています。

そんな状況で30分ほど彼女を会話で苛めた後、場所を移動します。

「じゃあ、行こうか?」

「は・い」

ホテルに入り、彼女にブラウスを脱ぐように命じます。

ブラに包まれた豊満なバストが作る深い谷間。
その谷間を眺めながら、彼女の口で奉仕を受けます。

c011.jpg

つづく

お尻の大きな女

このブログを通じて知り合うことができた女性と、先日逢ってきました。

彼女は自分の悩みを、私に打ち明けてくれました。
曰く

 太っている。
 とりわけお尻りが大きいのがコンプレックスである。
 その所為でセックスに対して男性に積極的になれない。
 でも、もっと感じる事がしてみたい。

彼女は40代前半の人妻さん。
まだまだ性を楽しみたい年齢です。
決心して私に相談してくれたのですから、私も真摯にお答えいたします。

普通は

 男性の好みもいろいろあるから、豊満な女性が好きな男もいますよ。

とか言うのでしょうけど、それ位のことは彼女だって分かっているはずです。
だったら彼女がコンプレックスだと思っていることを、本当は彼女の魅力的な部分だと思わせてあげましょう。

私は豊満な女性、好きです。
細めの女性も好きですが・・

豊満な女性は母性の象徴。
その象徴を支配し、甚振り、汚す。
背徳的、非道徳的な禁忌行為。

そういった事を認識していなくても、性的興奮を覚えるのは本能。
為政者によって封印された、性の開放。

巨尻を苛めるのは、興奮すること。
その巨尻を持つのは、素晴らしいこと。

さあ
彼女に逢って
彼女の巨尻の素晴らしさを
彼女自身に感じてもらいましょう
 
・・・
ここで公開できる画像は、多くありません。
また行為の内容も詳しく書けません。
彼女との約束です。

今後、彼女の許可がおりたらエントリーさせていただきます。

b002.jpg

彼女のコンプレックスの源であるお尻。
それを強調させるポーズをとらせます。

b001.jpg

自分の巨尻の魅力を、十分に理解してもらえるプレイだったようです。
彼女の笑顔の画像を、皆様にお見せできないのが残念です。

アナルを切望する女 智絵(仮名)その6

智絵(仮名)の豊満なバストによる奉仕で、十分に勃起したペニス。
そのエレクトしたペニスを智絵(仮名)に見せ付けながら、智絵(仮名)に聞きます。

「大きくなったね?」

「はい」

「誰が大きくしたの?」

「・・私・・です」

「どうやって大きくしたの?」

「胸で・・」

「もっとやらしい言葉で言ってみて」

「・・・胸で・・私の胸で扱いて・・・大きくしました」

「これでどこを苛めてほしいの?」

「お尻・・」

「え?どこ?」

「お尻・・アナルにください」

こんな会話をしながら、鞄から取り出したアナルビーズを智絵(仮名)に手渡します。
恐る恐るアナルビーズを手に取る智絵(仮名)。

「これ、知ってるよね?」

「はい・・」

「使ったこと、ある?」

「ありません」

「でも、使い方知ってるよね?」

「・・・・」

「自分で入れてごらん」

「は・・い」

おずおずとアナルビーズにローションを塗る。
アナルに最初のビーズをあてがい、しばらく躊躇したあとに押し込み始めました。

ビーズが一つ入って行く度に、ため息のような声を漏らす智絵(仮名)。
ゆっくりと、一個一個。

時間をかけて全部のビーズを挿入した智絵(仮名)に話しかけます。

「全部飲み込んじゃって、いやらしい子だね」

「そんなこと言わないでください・・・」

「自分のアナルがどうなっているか、指で確認してみなさい」

「・・はい・・」

自分のアナルに指を伸ばし、アナルビーズの柄の部分だけが露出しているのを確かめる。
驚きの声とも、喚起の声ともとれる様な吐息を漏らす智絵(仮名)。

c012.jpg

「それからどうするの?それは入れるだけの物じゃないでしょ?」

「はい・・」

「どうするの?」

「引き抜きます・・」

「やってごらん」

c013.jpg

ビーズの感触をアナルで確かめながら、一個ずつビーズを引き抜いていく智絵(仮名)。
ビーズが一個引き抜かれる度に、智絵(仮名)の口から漏れる声が大きくなります。

「もっと感じていいんだよ。智絵(仮名)はアナルの素質があるね」

「え・・そう・・なん・・ですか・・・」

問いかけられながらも、智絵(仮名)の指は止まりません。

c014.jpg

つづく

アナルを切望する女 智絵(仮名)その5

アナルプラグを挿入されたままのディナー。
アナルからの刺激の所為か、ワインの回りが早いようです。

ほろ酔いの智絵(仮名)と部屋に戻り、アナルプラグを与えたまま、奉仕させます。

智絵(仮名)のフェラチオはお世辞にも上手いとは言えません。
男根への奉仕の仕方を、一から覚えさせる必要があります。

智絵(仮名)の口に亀頭を捩じ込み、まずは亀頭からカリ首にかけて舌での奉仕。
小さめの口に捩じ込まれたペニスを見ると、エレクト度合いが増します。

舌での奉仕の後は、喉での奉仕。
ゆっくりと喉の奥までペニスを捩じ込みます。

舌扁桃と咽頭側索がカリ首を刺激する所まで捩じ込むと、智絵(仮名)は嗚咽しドロドロとした唾液を垂らします。
そのドロドロとした唾液をローション代わりにして、さらに奥深くペニスを捩じ込んでいきます。

ディープスロートに慣れていない智絵(仮名)はペニスを奥深く咥えこむことのできる角度がわからず、ペニスが咽頭後壁につかえてしまう。
これではせっかくエレクトしたペニスが萎えてしまいます。

c004.jpg

フェラチオでの奉仕が満足にできない分、智絵(仮名)の豊満な胸を使って奉仕させます。

Fカップのバストは私のペニスには十二分な大きさ。
若い子の張りがあるバストも魅力的ですが、若干張りを失った位のバストもペニスに奉仕させるには捨てがたいものです。

一心不乱にバストを揺すり上げ、ペニスに快感を送り込もうとする智絵(仮名)。
M女が愛おしく思える時。

c005.jpg

アナルを切望する女 智絵(仮名)その4

ラテックス製のブラパンとバイブを堪能させながら、智絵(仮名)の性癖を聞き出します。

「どんなのに興味があるの?」

「え~・・・、でも」

「ちゃんと正直に教えてくれないと、もう止めちゃうよ」

「い・・や・・・」

「どんな事されたいの?」

「アナル・・・」

「え?何? 聞こえないよ」

「お尻に・・アナルにして欲しいの」

「経験無いのかな、智絵(仮名)ちゃんは?」

「うん・・」

「じゃあ、どうして知ってるのかな?アナルで感じられるって事」

「レディコミに書いてあったの・・・」

「ふ~ん、そんなの読んでるんだ?それにはどんな事してたの?」

「え・・あの・・お尻、責められてたの」

「こんなので?」

アナルプラグを取り出し、智絵(仮名)の目の前でプルプルと振ります。

「あっ」

彼女の眼差しが虚ろにプラグを眺めます。
バイブを咥え込んだままのオメコから、ジュワッと淫汁が湧き出たような気がしました。

未経験という申告を信用して、指でアナルをほぐし始めます。
きつく締まって指の進入を阻止する智絵(仮名)のアナル。
本当に未使用のようです。

智絵(仮名)のアナルを揉み解します。
たっぷりのローションとたっぷりの時間。

その後、
アナルプラグは彼女に苦痛を与えることなく、
彼女のアナルに沈み込んでいきました。

c010.jpg

すっかり飲み込まれたアナルプラグ。
そのまま下着を着けさせます。
さあ、このまま外へ出掛けて見ましょうか。

c009.jpg


アナルを切望する女 智絵(仮名)その3

「首輪」+「オナニー鑑賞」の後は、ラテックス製のブラパンに着替えさせます。

オナニーで何度もイキ、陥没気味な彼女の乳首が隆起して、
オナニーを私に鑑賞された所為で、彼女の目が虚ろに私を眺める。

大陰唇は開き、小ぶりな小陰唇が覗く。
小陰唇の割れ目から、透明な液体が零れる。

c006.jpg

ラテックス製ブラから、淫猥に搾り出された乳房。
その乳房の先には、左右の乳首を連結するアクセサリ。
アクセサリで摘まれた乳首が、硬く大きく勃起していく。

大きく穴の開いたラテックス製のパンツから、大陰唇も卑猥に搾り出される。
その大陰唇の奥には、バイブを咥えこませまてあげる。
オナニーで十分潤ったオメコが、簡単にバイブを飲み込んでいく。

c007.jpg

暫くこのまま、彼女の痴態を鑑賞してみましょうか・・・

つづく

アナルを切望する女 智絵(仮名)その2

次のデートからは、彼女に彼女自身が「M女」であることを認識させはじめます。
「潜在ニーズの顕在化」ですね?

いきなり亀甲でもいいんでしょうけど、私としてはじっくりと。
「好きなオカズは最後」のタイプです、私。

さて、二回目のデートの主役は「首輪」。
それなりの男性経験がある彼女のことですから、「SMっぽい」ことも多少は経験しているはずです。
でも「首輪」は経験ないと思いますので、彼女には「首輪」からスタートしてみます。

ところで、「首輪」って意外とすんなり着けてもらえる場合が多いです。
クロムの尖がった鋲がいっぱい付いたのは別ですが・・・

結構、「かわいい」とか言ってアクセ感覚で捉えられるみたいです。
まぁ、私のお相手が「潜在的M女」ってこともあるのですが・・・

私の場合は「可愛い系」の首輪を買って、それに彼女自ら彼女の名前を書いてもらいます。
「自分用の首輪」がこの世に存在する。
それを認識させます。
そして、
それを彼女の首に巻きつける。

首輪の付いた姿を鏡に映し、その姿を確認させる。
瞳の奥から何かが湧き出てくる。

ソファーに座らせ、オナニーを命じます。

気の強い彼女ですから、普段ならば嫌がるはずです。
でも「首輪」の所為でしょうか?素直に従います。
(画像のコスは単に私の趣味です)

c002.jpg

最初はソフトに自分の体を愛撫していた彼女が、だんだんと快感を貪りはじめる。
両手を使い、
クリトリスを剥き出し、
ラビアを押し広げ、
剥き出しにしたクリトリスを、
激しく擦りあげる。

c002-2.jpg

うわ言のように、
何かを呟き、
歓喜の声をあげ、
体を硬直させた後、
達した、
彼女。

つづく

アナルを切望する女 智絵(仮名)その1

c001.jpg

「ピアス願望の女 恵似子(仮名)」の続きはお休みさせていただいて、先日久し振りにお会いした智絵(仮名)さんの事をエントリーさせていただきます。

彼女と知り合ったのは、某ショップの受付。
ショップの制服に包まれた小柄な体。
気の強そうな態度とは裏腹の、「被征服欲」を湛えた瞳。

一目で彼女の性癖が「M」である事がわかりました。
何度かそのショップを訪れて、デートの約束をとりつけます。

最初に関係を持ったのは、飲みに行った帰りでした。
その時は「普通」のセックスをして、ピロートークで彼女の性癖を探ります。

「何人ぐらい経験あるの?」

気の強い彼女は、普通に答えます。

「5~6人かな」

「ふ~ん、その中でどんなのが一番エロかった?」

「ん~・・・、ピアノの上に寝かされてしたことかな・・」

なかなか居ませんよ、ピアノの上でなんて。
当然アップライトじゃできませんから、グランドなんでしょう。

「じゃあ、一番感じたことは」

「あんまり無いな・・イッタことは一度位しかないの」

「えっ、一度しかないの?もったいない」

「うん、今日もいっぱい感じたけど・・」

「一度だけイッタ時って、どんなセックスだったの?」

「あれはね・・・車でデートしてたの」

「それで?」

「高速道路のパーキングで、人気が無かったからスカートのファスナー開かれて、パンツ脱がされて弄られたの」

「それでイっちゃたの?」

「ちがうの。その後違うパーキングいって缶ジュース買ったの」

話がよく飲み込めません。

「それで?」

「そのパーキングは結構たくさん人が居たのね。私が缶ジュースを買おうと車から降りたら、スカートが脱げちゃったの」

「弄られたままファスナー閉めてなかったんだ?パンツは?」

「彼が返してくれなかったから、履いてなかった」

「じゃあ、皆に見られたんだ?」

「うん、結構たくさんの人に」

「恥ずかしかった?」

「うん、でもドキドキしちゃった」

M女確定です。

つづく
プロフィール

マスタースレーブ

Author:マスタースレーブ
漸くブログを再開することができました。 従前ブログの訪問者さまには、ご心配をおかけしました事をお詫び申し上げます。

所謂「M女」と称される女性の性癖の考察と、そんな「M女」に共鳴する私自身の性癖の探求と「M女」への愛を実践しています。

SM暦25年、関西在住の40代。 
身長177cm・体重78kg。 「M女」曰く、私のような格闘技体型に責められることにより、被虐性が高まるそうです。
主な活動範囲は大阪・神戸・姫路。

調教のご相談、質問等は随時受け付けております。
潜在的・顕在的「M女」さん、是非ご意見をお聞かせください。

個人的には特定の奴隷は飼っていませんので、雌豚奴隷・肉便器も募集しております。
縄の映える豊満巨尻・豊満巨乳な変態女性のご連絡をお待ちしております。

下の「Mail form」から私宛に直接メールできます。

【掲載画像は全て被写体女性の承諾済です。掲載画像の転載等はご遠慮ください。】

アクセス数
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Mail form

お名前:
メールアドレス:
題名:
本文:

ブロとも一覧

アダルトな衝撃ニュース2ちゃんねる(//∇//)

調教倶楽部【M】

恵子の日記

*〜hiro〜*season2

アダルト情報サイト[エロエロ妄想族]

縄艶 Jouen

熟のひととき

xcelのハメ撮り日記

快楽日記

快楽共有の輪

*~hiro~*第三章

JUN♀Blog 顔面騎乗大好き♪

女装マゾに堕る

人妻JYUNNの日記

SM的 快楽の底へ

巨乳輪じゃないと興奮しない男のブログ

猫とアイマスクと赤外線

奥様はM女「マゾ」

★★

m&mの私生活

M女志願

ナミ~SMプライベート調教と開発の記録

アダルトグッズ通販 なっとく本舗(通販部)

宮廷アリス

ピエのフォトエッチ

ぽちゃSM調教撮影日記

パパとママのちょっとHなライフスタイル

性奴隷麗華の毎日

三咲

 − 叶 −

SM・ 調教・変態プレイグッズ専門店

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

無毛妻の下着と痴態

YUKINO 淫乱変態マゾ奴隷調教報告
FC2アフィリエイト








リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR